080 1449 1565
infoshin@shin-mic.com

SHIN MIC

「福寿草と座禅草」・植物は偉大!

僕が住む安曇野では、今、福寿草(フクジュソウ)が咲き誇っている。福寿草は名前の通り、福と長寿を招いてくれるおめでたい花として、古くから日本では親しまれている。冬の間、白だったり茶色だったりのモノトーンな風景の中に、鮮やかな黄色で出現する様は、たしかに目出度い感じがする。

鉢植えや庭植えをする人も多いが、実は福寿草が猛毒であるという事を知っている人は案外少なかったりする。致死量から考えると、かの有名なトリカブトより、はるかに毒性が強いということになる。トリカブトと違って福寿草の場合は解毒剤があるらしいけれど。

以前、とある高級な懐石料理屋さんで、庭に様々な山菜を植えて栽培し、それを採取して食材にしているの見かけた。よく見ると山菜に混じって福寿草も一緒に植えられているではないか。知らなかったらまずいと思い注意喚起をすると、福寿草って毒のなのかと驚いていた。こんなお店やさんで、採取の際、山菜に福寿草が誤って混じってしまったら、大ごとだ。

 

この季節に咲き始める植物で僕が楽しみにしているのが座禅草(ザゼンソウ)だ。座禅草は同じサトイモ科の水芭蕉と似た雰囲気がある。しかし花は水芭蕉と違って、形状がずんぐりしていて色合いも下の写真のような感じだ。水芭蕉の爽やかな雰囲気とはずいぶんと違っている。この形が僧侶が座禅を組むイメージに似ていることから、この名になっているわけだ。僕はあまり感じたことはないが、全草に悪臭があるため英名はスカンクキャベツと言うらしい。この悪臭でハエとかをおびき寄せて受粉の助けにしているわけだ。

座禅草は、僕が住む地域では、大町市や白馬村の湿原や湿地帯で目にすることができる。いつだったか山に餌が少なかった年に白馬村では、座禅草が熊に食べられてしまったなんて記事を目にして、こんなものでも熊は食うのかと、驚いたことがあった。

実は座禅草は、自ら発熱して雪を溶かして顔を出してくる。しかも発熱温度は25℃にもなるんだとか。その発熱メカニズムの詳しい事は未だに分かってないそうだ。何気に座禅草は不思議植物なのだ。この座禅草の発熱制御アルゴリズムが岩手大学で研究されて、工業で一般的に使われるPID制御よりはるかに優れたものである事が分かった。既に実用化に入ってるらしいが、この先、一般的なものになるのだろうか?
いずれにしてもザゼンソウ制御は効率的で、かなり省エネなんだそうだ。自然は偉大だ。

身の周りの植物に目を向けてみよう!

僕は福寿草が猛毒であるということを知った時は驚いたし、座禅草が発熱して自分で雪を溶かして顔をだすということを知った時は、自然て偉大だ!と感動した。

実は身の周りの植物って調べてみると、なかなか面白い。道端に生える雑草も調べてみれば、食べられるものだったり、ハーブになったり、麻薬成分を含んでいたり、薬草だったりと、とても興味深いものが、かなりある。

大抵の人は草なんか興味がないから、おそらく道を歩いていても意識の中にすら入ってこないと思う。でも少し分かれば、普段歩いている道にも全く違った世界が見えてくる。

観賞用の植物だって調べてみると随分と面白い。なかにはKGBがかつて暗殺用の毒物として使用したものの原料の植物だったり、麻薬成分があるものもあったりと、随分と見え方が変わってくる。

そんな植物を調べていると、必ず、それは歴史や社会問題に繋がってくるから面白い。つまり身の周りの植物を少し調べるだけでも、随分と自分の世界は広がってくるのだ。

植物に限らず、身の周りの、普段当たり前にスルーしているものを意識して調べてみるだけでも世界は随分と広がるという事だ。世界が広がるという事はそれだけ視野が広くなるから、自分の人生に転がり込んでくるチャンスも多くなるし、なによりも人生が豊かになる。

是非、身の周りのものに好奇心の目を向けてみて欲しい。それだけでも得られる学びは無限に広がるのだ。

“麒麟がくる”最終回

何気に楽しみに毎週見ていた大河ドラマ「麒麟がくる」の最終回だった。
信長の人物像も今までにない斬新な描き方だったし、重要人物として架空の人物も多かったり、松永久秀の平蜘蛛も光秀の手に渡るしで、かなり自由に創作していたから、本能寺の変にどう持っていくのか楽しみに見ていた。

大河ドラマの中の光秀と家康は仲良しだったから、個人的には光秀=天海説を採用するのかと思って見ていたけど、信長の暴走を止めるために挙兵という、ある意味、王道的な終わり方だった。麒麟がくる世を江戸の太平として捉えれば、この説がドラマの中で採用される確率は高いと思ったんだけど、そうはならなかった。笑

本能寺の変は戦国最大のミステリー事件だから昔から色々な説がある。
上に書いた光秀=天海説は、家康の参謀的な役割を果たし、徳川幕府の基礎を築く上で活躍した天海僧正が実は明智光秀だったとされる説だ。この説は歴史学者のほとんどからは却下されてしまっているが、もちろん、こんな説が出てくるのには理由がある。興味がある人は是非、調べてみて欲しい。昔からあるオーソドックスな説としては、野望説、怨恨説、黒幕説があるが、どの説も、もっともらしい部分もあるが説得力には欠けるものが多いと思う。結局、大河ドラマで描いていたように信長の暴走を止めるために本能寺の変を起こしたってのが、一番、説得力があるのかもしれない。

なぜ、光秀が謀反をおこしたのかは未だにはっきりとは分かっていない。もしかしたら、大した理由はなく突発的に信長にブチ切れただけのことなのかもしれない。明智光秀だって人間なんだからその可能性がないとは言い切れない。でも、それを検証しようとすれば、光秀の性格や信長との関係性とか、当時の武士の感覚等の膨大な背景を調べる必要が出てくる。

結局のところ光秀本人にしか分からないことなのかもしれないが、それでも、この「なぜ?」を考えることは大切なことだと思う。「なぜ?」を考えることによって、当時の歴史についての知識が深まるからだ。そして当時の知識が深まったら、「他に方法はなかったのか?」とか、「自分だったらどうする?」を考えることが歴史を学ぶ時に必要なことなんじゃないかと思う。

学校の歴史の授業では一般的に正しいとされる史実を教えるだけで、「なぜ?」を考える作業をあまりさせない。もっとも、それを片っ端からやっていたら、とてもやり切れないという現状はあるのだけれど。

今の学校では昔に比べると近現代史の比重が大きくなっているみたいだけど、それでも、明治から昭和にかけての戦争に対して「なぜ、日本は戦争をしなければならなかったのか?」「なぜ、戦争を回避できなかったのか?」逆に「戦争を回避するためには、どうすればよかったのか?」を真剣に考えさせることをしないのではないだろうか。それを真剣に考えれば、対外的要因、国内要因、組織的要因と、いろいろな要因について学ぶ必要があり、そして多くを考えさせられるはずだ。

僕が戦国時代に初めて触れたのは、小学校低学年の時に読んだ豊臣秀吉の伝記だ。伝記と言っても絵本みたいなもので、当然、秀吉が主役だから、家康は悪者のイメージだし、光秀は馬鹿なイメージだった。もちろん高校生になる頃には、明智光秀というのは優秀な人だったということを知るようになる。それでも三日天下という言葉とともに光秀は愚かだったというイメージが付きまとった。

対米戦争についても「無謀な戦争に日本は突入していった」という言葉だけで歴史を習ってしまうと、そこには「馬鹿な軍が権力を握ってしまったから」というようなイメージがつきまとい、単純に軍国主義はいけない!というところで思考がストップしてしまう。実際に戦後教育を受けた僕らは、そんな感じだったような気がする。そして、それで自分は歴史の教訓を学んだ気になってしまう。
ところが、当時の軍ってのはとてつもなく優秀な頭脳の人たちの集まりだ。それが、なぜ、対米戦争に踏み切らなければならなかったのか、なぜ、回避できなかったのかを調べ、考えるということをしなければ、本当の歴史の教訓は得られないし、同じような危機に陥った時に同じ轍を踏むことになる。

歴史の多くは調べ考えても本能寺の変と一緒で答えは分からないことなのかもしれない。
でも、それを考えることが歴史を学ぶってことなんじゃないかと思う。

 

とりあえず次の大河ドラマは渋沢栄一らしいから、これまた楽しみだ。

ライブ・チャット機能を搭載してみた

ライブ・チャット機能を搭載してみた。
応対出来ない時もオフラインメッセージを残してもらえるから、あとでメールでの返信が可能だ。個人的には、以前、海外のサイトを利用した時にライブ・チャットでよくお世話になって心強かったから機能としてあればいいかなと、ふと搭載をしてみたわけだ。SHIN MICのメンバーにとってもライブ・チャットなら気軽に質問しやすいから、安心感につながるのではないかと思う。

ライブ・チャットも基本的な運用時間だとか、対応する人とかを決めないといけないと思うが、もう少しサイト全体の運用が定まってこないと、そこも決めるのは難しい。2月中に、なんとか全体の運用を定めて、3月頭に予定通りプレオープンにこぎつけたいものだ。

ライブ・チャットの搭載を思い立って始める中で、途中、チャットボットを搭載してみたい誘惑にかられた。少し、他のサイトに搭載されているものを触ってみたが、やはり相当、学習させないと使い物になりそうな感じがしない。でも、いずれはチャットボットの搭載をしてみたいな~。(^^;

チャットボットを調べると、当然他のAIも目にすることになる。このサイトはWordPressを使っているが、調べてみるとWordPressで使用できるAIを使ったプラグインが、既にけっこう出ている。なんか、すごい勢いで時代が進んでいることを感じる。もう数年したらWordPressのプラグインもAIを利用したものだらけになるのかもしれない。今日はライブ・チャットを搭載しようと思いたったおかげで、WordPressとAIって観点で勉強になったかな。

やはり何かをやる中で調べることって勉強になって楽しい。